日記

形のない商品募集してます。

2017年, 2017年4月, 日記

商(小)店街ヘの出店者を募集しております。
ゴールデンウイークには、フリマのような商(小)店街となるギャラリーチフリグリです。

フリマや、手づくりの物などの出店はもちろん、形のない物を届ける出展者も募集しております。
たとえは、ルービックキューブを6面揃える技術伝授。や、シューシャインボーイ(靴磨き)など。

ネイリストや、占い師も大歓迎です。
うでに覚えのある無形な出店楽しみにしております。

出店舗情報は、随時ギャラリーチフリグリHPにアップします。
http://chifuriguri.com/20170429-2/

雑談の授業シーズン2が始まりました。

2017年, 2017年4月, 日記

ヘリコプター操縦士の及川芳哉さんの生い立ちを聞きつつ、
及川さんの「ヘリコプター操縦士になってわかった事。」を、面白可笑しく聞いています。
端々で、質問が起こり色々なお話にコロコロ転がり、尽きません。

面白いプロフィールは、こちらに。

4/3.月 雑談の授業『ヘリコプター操縦士と建築的視角』

次回は5/8(月)18:30〜 ¥1,000(飲物付き)

4日目miti『春の訪れ展』

2017年, 2017年3月, 日記

「だーれか はーるを つれて こい!」
mitiさんの作品では初の試みとなる“キャラクター展開”。
会場は桜吹雪の雰囲気。
今回は額付き作品(¥3,000)もございます。
ぜひ、ご覧にお寄りください。入場無料。
mitiさんTwitter:@miti_0731

連日の打ち合わせにて色々と決定。

2017年, 2017年2月, 日記

日々いきいき雑貨店にて、お湯を入れてこの場で食べられる、アマノフーズ(¥250)を食べながら、日記を書いています。
一、『トキドキ土器倶楽部』素敵なフライヤー配布!3/18(土)
一、越後しのさんの『紙板版画教室』3/25(土)決定。
一、『話し日和』の浅野託矢さん時折ギャラリーチフリグリ窓口をしてくださること決定。
一、大林塾(仮)若き建築家のためのコンペへのステップ。春から始まる予感です。
一、苦竹印刷 改め、苦竹印刷ギャラリーチフリグリデザイン室 が立上がります。
一、5月のゴールデンウイークはギャラリー内が商店街と化します。
一、5/6.土、7.日は、えあそび部『ごらんくだ祭展』開催!
一、2016『版奏』の第2弾『創置奏(そうちそう)』開催決定。5/14〜2つの演奏イベント開催!!
楽しい春が先々にー。
乞うご期待です!

甘酒、懐中しるこ、たまごスープ、お味噌汁は、¥150〜

カレーと音楽8

2017年, 2017年2月, 日記

カレーと野菜香希presents生活にちょっとスパイスを。
『カレーと音楽』は8回目を迎え、ますます楽しいひとときとなりそうです。

思いがけない組み合わせのユニット  “G3” 武田こうじ/joe-G/井上英司
おそらくこの日限定のユニット。武田の詩のリーディング、joe-Gの低音弦、井上の太鼓がどう絡み合うのか、あるいは平行線を辿るのか。
そして、cobi(ギター) + nao(voice)による音響系アコースティックユニット。
心地よいギターの音色と何処までも透明な声が、不思議で優しい空間を作り出す“dadadubi”。

カレー・サラダ・ドリンク付¥2,500 19:00〜
今回は、ビーフカレーとビールを注文しようと思っています。

3日目最終日*一貫張り教室生徒作品展

2017年, 2017年2月, 日記

一説では作業道具を紙と柿渋で補強することから始まったとされる一貫張り。
軽くて丈夫。作品の販売もされてます。

一貫張り体験のワークショップも盛況に。
本日最終日となりました16:00まで。
ぜひお寄りください。

また、教室の体験も予定されてます。
3/15(水)10:00〜
講習料3,000円+材料費1,500
会場よしぎん教室 定員5名

まずは、まずはお試しを〜!

2日目*一貫張り教室生徒作品展

2017年, 2017年2月, 日記

一貫張り材料が増えました!
なかなか探しても見つからない、柿渋になじみ易い紙もたくさん並んでます。

体験ワークショップは、今も会場で随時かいさい中。

また、教室の体験も予定されてます。
3/15(水)10:00〜
講習料3,000円+材料費1,500
会場よしぎん教室 定員5名

まずは、お試しを〜!

初日*一貫張り教室生徒作品展

2017年, 2017年2月, 日記

和彩工房 かんのかずこさんによる教室に通う生徒さんの作品展です。
一年間の作品の発表会で、販売もしています。

一貫張りとは『初心を貫く事を大切に』木・竹製品に和紙を幾重にも張り重ね、柿渋を塗り固める。
ほころびを補い、重さ一貫にも耐えられる程。と云われているそうです。
四国讃岐地方から全国に広まった。生活に根付いた賢い工夫ですね。

会場では“お試しワークショップ”も開催しております。¥1,000(税込)

 

最終日*寒中見舞い申し上げます展

2017年2月, 日記

とうとう最終日となってしまいました。
でも、制作してくださる方も在り、のんびりと見ていただける空間になっております。
今回、寒中見舞いを届けてくださった方は、総勢42名。
詳しくはこちらを覗いてみてください。
http://chifuriguri.com/20170216/
沢山の作風に手に取って見る方もコメントしつつ、ゆっくりとした時間を過ごしていただいた様です。
ご参加された皆様、ありがとうございます。

4日目*寒中見舞い申し上げます展

2017年2月, 日記

本日は同会場内で、14:00〜“第10回 えあそび部”も開催されます。
そして、企画者のono氏も在廊です。
風はピリリと寒いですが、日差し気持ちよいので、ぜひお散歩の途中にお寄りください。
*写真は会場内で寒中見舞いを描いて見ている様子です。

3日目*寒中見舞い申し上げます展

2017年2月, 日記

前回までの“残暑、寒中見舞い”作品もファイリングしてありますので、振返っても楽しめます。
本日は企画者のono氏も在廊です。
会場内での“寒中見舞い描いてみよう”の制作も楽しい時間となりそうです。
天気も心地よく、ぜひお散歩の途中にお寄りください。
*写真は初回“残暑見舞い展”の様子です。

寒中見舞い展募集してます。

日記

2017年も おの氏企画『寒中見舞い申し上げます展』開催です。
私もさっそく寒中見舞い作ってみました。

いつの日か参加者も増え、
“寒中パーティ”盛り上がりたいものです。